50万円のトリートメント

以前テレビを見てたら、京都にある美容室のメニューで50万円のトリートメントメニューがあった。

なんでもそのお店で、一回でお客様が使われた最高金額が380万円なんだとか…

マジか…

でも、やりたいってお客様がいるってことは凄いことだなって思った

大事なのは金額じゃなくて、価値なんだよなー

メニューの金額って当然お客様じゃなくてお店が決めるんだけど、金額がいくらかよりその金額だけの価値があるかどうかの方が大切

価値を決めるのは消費者側なんだって改めて思った

確かに自分も1000円しか払ってなくても勿体無いなーって不満に思うこともあれば、

1万円払っても得したなぁーって満足することもある

金額以上の価値を提供出来ているのか、常に考えないとって思う

金額にとらわれない、それ以上の価値提供!

金額が高くなることによって生まれる価値・ブランドも確かにあるけど、同じ内容ならちょっとでも安く提供出来たらって思っちゃう自分もいるんだよなー

三ツ星レストランの味もひとつの価値

三ツ星レストランで食べたっていうこともひとつの価値

でも、三ツ星レストランのシェフがその味をそのままにより安く食べていただきたいって低価格のお店を出して独立したっていう話もあるし。

どっちが正しいとか、どっちが正解とかないんだろうけど、

しいて言うなら、どっちも正解なんだろうな…

50万円のメニューでも考えてみようかな…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です